痛みを抑えた歯科治療|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

痛みを抑えた歯科治療

歯科治療に伴う痛みの緩和に努めております

痛みに配慮した歯科治療

歯科治療は「痛い」「怖い」というイメージが強く、「歯医者さんが苦手」という方も多いのではないでしょうか。特に幼少期の歯科治療などで痛い思いや怖い思いをすると、トラウマになり、虫歯や歯周病になっても治療への一歩が踏み出せないなど、その後の歯医者さんとの付き合い方にも悪影響が及ぶ可能性があります。盛岡KT歯科・矯正歯科ではそのようなことが起こらないよう、麻酔注射や歯の切削時の痛みの緩和に努め、負担の少ない歯科治療を心がけております。

盛岡KT歯科・矯正歯科が実施する麻酔注射の痛みの緩和対策

治療の際に痛みを伴う可能性が高い場合は、事前に麻酔注射を実施いたします。盛岡KT歯科・矯正歯科では、麻酔注射の痛みについてもできるだけ緩和するよう、下記のような様々な対策を実施しております。

表面麻酔の使用

表面麻酔

麻酔注射を行う際は、事前に表面麻酔を施します。粘膜の感覚を麻痺させることで注射針がささる瞬間の刺激を和らげ、痛みを軽減します。

超極細の注射針を採用

極細針

当院では麻酔注射の痛みを少しでも軽減するため、現在使用できる注射針の中で一番細い35Gの超極細針(0.23㎜/直径)を採用しております。細い注射針を採用することで麻酔時のチクッとする痛みを最小限に留めることができます。

一定の圧・速度で麻酔液を注入

麻酔液

麻酔液は一度にドバっと注入したり、余計な圧がかかったりすると痛みを感じやすくなります。そのため当院では、一定の圧・速度で注入することができる電動麻酔注射器を使用し、ゆっくりと麻酔液を注入いたします。

麻酔の痛みを緩和するための技術

技術

麻酔注射を行う際は、麻酔注射から気がそれている時に打ったり、痛みを感じにくい部分から少しずつ麻酔の範囲を広げていったりなど、歯科医師の技術による痛みの緩和も心がけております。

盛岡KT歯科・矯正歯科が実施する歯を削る際の痛みの緩和対策

盛岡KT歯科・矯正歯科では、麻酔注射の痛みの緩和だけでなく、歯の切削時についても様々な痛みの緩和対策を実施しております。

拡大視野での精密な切削

拡大視野

治療の際は歯科拡大鏡を使用し、細部の状態をしっかりと目で確認しながら処置を行います。無駄な切削を抑えることで、治療時の痛みを軽減します。

5倍速コントラの使用

5倍速コントラ

当院では通常よりも早く回転する5倍速コントラ(エンジン)を採用しております。5倍速コントラはブレが少なく削る量をコントロールしやすいため、より精密な切削によって痛みの緩和が期待できます。また、キーンという音もしないため、不快感やストレスなども軽減できます。

極細バーによる丁寧な切削

極細バー

ドリルのバーは歯を削る部位や段階によって、適切なサイズに変更いたします。細部や仕上げの切削では極細のバーを使用し、丁寧な切削によって処置に伴う痛みを軽減します。

予防歯科の推奨

予防歯科

歯科治療に伴う痛みを抑える一番の方法は、虫歯や歯周病にならないことです。病気にならなければ歯を削ったり、抜いたりすることもありませんので、痛みを感じることもありません。そのため当院では、予防歯科に力を入れ、虫歯・歯周病予防に取り組んでおります。

予防歯科・クリーニングページ>>

盛岡市で麻酔注射や切削時の痛みを抑えた歯科治療をご希望の方へ

痛みを抑えた歯科治療

盛岡KT歯科・矯正歯科では、お子さまはもちろん、歯医者さんが苦手な方にも不安なく治療に取り組んでいただけるよう、様々な対策を行い、処置に伴う痛みの緩和に努めております。盛岡市にて痛みを抑えた歯科治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る