虫歯治療・根管治療|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

虫歯治療・根管治療

天然歯の保存に努めた盛岡KT歯科・矯正歯科の虫歯治療

盛岡KT歯科・矯正歯科の虫歯治療

盛岡KT歯科・矯正歯科では、天然歯の保存をモットーに診療に取り組んでおります。少しでも多くの天然歯を維持していただけるよう、できるだけ抜かない・削らない虫歯治療・根管治療を努めております。当院では、診査・診断をしっかりと行い、虫歯の進行状態に適した治療をご提案いたします。虫歯の進行状態は虫歯を意味する「caries:カリエス」のCと0~4までの数字の組み合わせによって表します。以下では、虫歯の進行状態とそれに対してどのような治療を行うのかについて詳しくご紹介いたします。

初期虫歯・エナメル質の虫歯(C0・C1)

C0・C1C0は虫歯菌が出す酸によって歯の表面が溶け始めた「脱灰」という状態、C1は歯の一番外側にあるエナメル質が虫歯になっているという状態です。C0とC1はどちらも初期虫歯という位置づけです。

初期虫歯の場合は、基本的には歯を削る必要はありません。お口の中を清潔に保ち、唾液の修復機能である再石灰化を促進してあげることによって、溶け始めた歯の修復・虫歯の悪化を防止します。

※C1の虫歯で色が気になったり、将来的に悪化する可能性が高い場合は歯を削って治療することもあります。

歯磨き指導

歯磨き指導

お口を清潔に保っていただくためには、毎日のセルフケアが重要です。セルフケアの質を向上していただけるよう、必要に応じて歯磨き指導を行います。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の抵抗力を高めるため、歯面にフッ素を塗布します。フッ素は虫歯菌の働きを抑制したり、唾液による再石灰化を促したりする効果が期待できるため、虫歯予防・悪化防止におすすめです。

歯面清掃

PMTC

専用の器具を用いて、歯石やバイオフィルムなどの頑固な汚れを取り除きます。口腔内を清潔にし、再石灰化を促すことで虫歯の治癒・進行を防ぎます。

象牙質の虫歯(C2)

象牙質の虫歯(C2)C2はエナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が進行した状態です。象牙質はエナメル質に比べて軟らかいため、虫歯の進行が早いという特徴があります。

治療の際は痛みを伴う可能性があるため、必要に応じて麻酔注射を実施し、できるだけ健康な歯質を残せるよう、虫歯部分を丁寧に削っていきます。

痛みを抑えた歯科治療ページ>>

う蝕検知液の使用

う蝕検知液の使用

虫歯治療の際は、虫歯感染歯質に着色するう蝕検知液を使用します。虫歯感染部分と健康な歯質の境目を視認できるため、見落としや歯の削りすぎを防止することができます。

拡大視野下で精密な処置

拡大視野下で精密な処置

虫歯治療の際は、歯科拡大鏡による拡大視野の下で精密な処置を心がけております。肉眼の数倍まで治療視野を拡大することで、細部の状態をしっかりと目で確認できるため、無駄な切削を軽減できます。

エキスカベーターで丁寧な切削

エキスカベーターで丁寧な切削

虫歯感染歯質は健康な歯に比べて軟らかくなるため、ドリルだけでは健康な歯まで削ってしまう可能性があります。できるだけ健康な歯を残すため、細部の処置ではエキスカベーターという手動の機器を使用し、丁寧に虫歯を削り取ります。

コンポジットレジン充填(保険診療)

コンポジットレジン充填(保険診療)

虫歯治療の際は、できるだけコンポジットレジン充填での修復を心がけております。コンポジットレジン充填は、歯科用の樹脂を盛り足してその場で形態を整えるため、即日に治療が完了します。また、歯の切削量を抑えることができるため、健康な歯質をより多く残すことができます。

歯の神経まで進行した虫歯(C3)

歯の神経まで進行した虫歯(C3)C3は歯の神経にまで虫歯が進行した状態です。神経が炎症を起こすため、強い痛みを伴います。

C3の虫歯については根管治療を実施し、虫歯に感染した神経を取り除き、歯の内部を殺菌、密封することで症状を改善します。症状が悪化すると、抜歯リスクも高くなるため、できるだけ早急な処置が必要となります。

再発リスク軽減に努めた精密根管治療

神経や血管が収まる根管は暗くて狭いため、精密な処置が求められます。根管内がきちんと殺菌されていなければ、治療後に再発する可能性が高くなるため、当院では様々な取り組みを行い、根管治療の精度向上に努めております。

拡大視野による精密治療

拡大視野による精密治療

根管治療を行う際は、歯科拡大鏡を用いた拡大視野の下で処置を実施いたします。肉眼の数倍まで視野を拡大することで、根管内の状態をしっかりと目で確認できるため、隅々まで精密な処置が可能となります。

精密なかぶせ物を製作

精密なかぶせ物を製作

根管治療後の再発率を軽減するためには、根管治療の精度はもちろん、精密なかぶせ物が必要不可欠です。当院では、一つひとつの工程をきちんと行い、適合性・機能性・長持ちにこだわった精密なかぶせ物の製作に努めております。

つめ物・かぶせ物(審美治療)ページ>>

歯根部分しか残っていない状態の虫歯(C4)

歯根部分しか残っていない状態の虫歯(C4)C4は歯の大部分が欠損し、歯根部分のみが残っている状態です。多くの場合は既に神経を取り除いているか、壊死しているため、痛みを感じることはほとんどありませんが、歯根部分では虫歯が進行しています。

C4の虫歯は抜歯となる可能性も高いですが、歯を保存できる可能性がある場合には、もう一度根管治療を実施し、症状の改善を図ります。

根管治療だけでは、歯の保存が困難な場合は下記の処置を併用し、できる限り抜歯を回避いたします。

歯根端切除術

歯根端切除術歯根が細菌に感染して歯根の先端部分に膿が溜まる根尖病変は、通常の根管治療では改善が難しく、抜歯と判断されることも少なくありません。

そのような場合には、歯根端切除術という外科処置をご提案いたします。歯根部分の歯茎を切開し、感染した歯根の切除と膿を取り除くことで症状の改善を試みます。

盛岡市で極力抜かない削らない虫歯治療(根管治療)をご希望の方へ

虫歯治療(根管治療)

盛岡KT歯科・矯正歯科では、患者さまの大切な天然歯を少しでも多く維持していただけるよう、診査・診断をしっかり行い、進行状態に合った適切な虫歯治療を実施しております。盛岡市で極力抜かない削らない虫歯治療(根管治療)をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る