歯を抜かない矯正治療|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

歯を抜かない矯正治療

極力歯を抜かない非抜歯矯正に努めております

非抜歯矯正

歯並びが悪くなる根本的な原因は、歯と顎骨の大きさが合っていないためです。そのため、矯正治療の際には抜歯が必要となることも少なくありません。しかし、健全な歯を抜いてしまうことは将来的な咬みあわせなどにも影響が出る可能性があり、できるだけ歯を残したいというのが歯科医師としての本音です。そのため、当院ではできるだけ歯を抜かない矯正治療に努めております。

盛岡KT歯科・矯正歯科がご提案する非抜歯矯正について

盛岡KT歯科・矯正歯科がご提案する非抜歯矯正

矯正治療の際に歯を動かすスペースが足りない場合、下記の処置によってスペースを獲得することで、抜歯を回避できる可能性があります。盛岡KT歯科・矯正歯科では、診査・診断をしっかり行い、必要に応じて適切な処置をご提案いたします。

IPR(ディスキング)

IPR(ディスキング)IPR(ディスキング)とは、歯の側面部分のエナメル質をヤスリのような器具で削り、歯幅を縮小することによって、矯正治療に必要なスペースを確保する方法です。

エナメル質の切削量は約0.2~0.5㎜ほどですので、歯の健康には影響がなく、処置の際も痛みを伴うことはありません。

遠心移動

遠心移動遠心移動とは、今ある歯の位置を奥歯側(遠心)へ少しずつ移動させることによって、矯正治療に必要なスペースを確保するというものです。矯正用のインプラントやマウスピース型の矯正装置を使用し、効率良く歯を奥歯側へ移動していきます。

※遠心移動を行う際は、親知らずの抜歯が必要となる可能性があります。

歯軸傾斜の改善

歯軸傾斜の改善本来はまっすぐ生える歯が斜めに傾いて生えていることで、歯を動かすスペースが足りなくなっていることがあります。

このような場合は、抜歯をせずに歯軸傾斜を改善することによって矯正治療に必要なスペースを確保できる可能性があります。

症例によっては抜歯が必要となることもあります

上記の方法を行っても、歯を移動させるために必要なスペースを確保できない場合や抜歯をした方が機能面や審美面を向上させることができる場合には、抜歯を検討いたします。

矯正治療では、主に前から四番目の小臼歯が抜歯の対象となりますが、診断・検査に基づき、患者さまと相談しながら矯正治療を進めていきますので、どうぞご安心ください。

盛岡市でできるだけ歯を抜かない矯正治療をご希望の方へ

歯を抜かない矯正治療

盛岡KT歯科・矯正歯科では、患者さまの大切な天然歯を少しでも多く維持していただけるよう、矯正治療を専門に行う歯科医師が診査・診断をしっかり行い、非抜歯矯正に努めております。盛岡市でできるだけ歯を抜かない矯正治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る