ドライマウス|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

ドライマウス

投稿日:2022年6月21日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

歯科衛生士の悦淵です。

 

皆さんの中でいかに当てはまる方はいらっしゃいますか?

1 口が乾きやすい

2 話すときに舌が引っかかる

3 発音がはっきりしない、しゃべりにくい

 

一つでも当てはまる方は、お口の中が乾いているようです。口腔乾燥症(ドライマウス)といいます。

ドライマウスとは、唾液の分泌が低下して、口が乾いた状態のことをさします。広い意味での口腔乾燥症は、唾液分泌の低下だけではなく、口が乾いてると自覚する症状すべてをさすことになります。軽度では主に、口の中のネバネバ感、ヒリヒリする、う蝕、歯垢の増加、口臭も強くなります。

口腔乾燥症への対処法としては、

1よく噛んで食事をする。

2デンタルリンスや保湿剤を使う

3適度に水分をとる

4唾液腺マッサージをする

 

一番簡単な対処法の唾液腺マッサージのやり方をご紹介します。

唾液腺はお口の中に3か所あります。

①耳下腺

親指以外の4指をお頬にあて、上の奥歯のあたりを後ろから前へ向かって10回ゆっくり押します。

 

②顎下腺

顎の骨の内側の柔らかい部分です。指をあて、耳の下から顎の先まで優しく押します。5~10回繰り返します。

 

③舌下腺

顎の下のとんがった部分の内側舌付け根にあります。下顎から舌を押し上げるように、両手の親指でグーっと押します。5~10回繰り返します。

 

注意

唾液腺マッサージをする際は力の入れすぎに気を付けてやりましょう。

 

唾液腺マッサージはいつでもどこでも簡単にできますので、口の中が乾燥したり口臭が気になるときはぜひ試してください。

盛岡KT歯科・矯正歯科では、デンタルリンスなど取り扱っております。お悩みある際は、一度いらしてください。

 

トップへ戻る