歯周病ってどんな病気?|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

歯周病ってどんな病気?

投稿日:2022年7月2日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科衛生士の悦淵です。

今回は皆さん一度は聞いたことがある歯周病について、書かせていただきます。

 

名前は聞いたことがあると思いますが、具体的にどのようなものか皆さんわかりますか?歯周病とは、最近の感染によって引き起こされる疾患で、歯の周りの歯肉や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。

 

歯周病になる原因は、歯に付着するプラークです。プラークをしっかりと取り除かないと多くの細菌が停滞し、歯肉が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。痛みがほとんどないため、気づきにくいです。

痛みが出るころには、膿が出たり歯が動いてきて、最後には歯を抜かなければならなくなってしまいます。

 

 

思い当たる症状をチェックしましょう!

・歯茎が赤くはれた部分がある。

・口臭がきになる。

・歯茎がやせたみたい。

・歯と歯の間に物が詰まりやすい。

・歯を磨いた後、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある。

・歯と歯の間の歯茎がブヨブヨしている。

・ときどき、歯が浮いたような感じがする。

・指で触ると動く歯がある。

・歯茎から膿が出たことがある。

 

チェックがない場合

これからもきちんとした歯磨きを心掛けましょう。

年に数回定期検診を受けましょう。

チェックが1~2個の場合

歯周病の可能性かあります。一度歯科医院を受診して、正しく歯磨きできているか、歯周病ではないか、確認してもらいましょう。

チェック3~5個以上の場合

歯周病が進行している恐れがあります。早めに歯科医院を受診しましょう。

 

 

トップへ戻る