歯に悪い食べ物|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

歯に悪い食べ物

投稿日:2022年7月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。受付の林です。

前回は歯にいい食べ物についてお話をしました。では反対に、歯に悪い食べ物にはどのようなものがあるでしょうか。

 

まず、虫歯になりやすい食べ物があります。

虫歯になりやすい食べ物は基本的に次のような特徴のあるものです。

・ネバネバしたもの

・歯にくっつくもの

・糖分が多く含まれるもの

・口の中に長時間残るもの

例えば、キャラメルやチョコレートは上記の特徴すべてに当てはまるため、虫歯になりやすい食べ物と言えます。甘くないお菓子なら大丈夫と思いがちですが、ポテトチップスなどのスナック菓子も意外と糖分が多く含まれているので要注意です。他には、ドライフルーツ、菓子パン、アメ、ガムなどが虫歯になりやすい食べ物としてあげられます。

また、歯は酸に弱いのでpH値(ペーハー値)の低い食品は注意が必要です。例えば、オレンジやレモンといった柑橘類、炭酸飲料、スポーツドリンク、栄養ドリンクなどがあります。日常的に多く摂取しているという方は気を付けてください。

 

つぎに、硬すぎる食べ物があります。

丈夫な顎の発達のためには“硬い食品”を食べるのが良いとされていますが、大切なのは“咀嚼の回数を増やすこと”であって、“硬いものを噛み砕く”ということではありません。無理に硬い食べ物をかじると歯に負担がかかって、割れたり欠けたり、折れてしまったりすることも珍しくありません。普段からナッツやアメや氷の塊、硬いおせんべいなどをガリガリとかじる方は、歯にダメージが蓄積されている可能性もありますので注意が必要です。また、虫歯になっている歯や神経の治療をした歯は、健康な歯よりも脆くなっているので、特にそういう歯では硬いものを噛まないように気をつけましょう。

 

今回例としてあげた食品は、歯に悪いから食べてはいけないというわけではありません。それぞれの食品の良さもありますし、時間を決めて食べる、食べた後は歯磨きをするなど正しく摂取しましょう。​

トップへ戻る