子どもの矯正治療と大人の矯正治療|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

子どもの矯正治療と大人の矯正治療

投稿日:2022年8月4日

カテゴリ:スタッフブログ

岩手県盛岡市大通り商店街にある盛岡KT歯科・矯正歯科です。​

当院では虫歯や歯周病治療だけでなく

専門の歯科医師による矯正治療も行っています。

 

矯正治療というと思い浮かべるのは

大人のワイヤーが歯についた矯正治療でしょうか。

大人の矯正治療ではワイヤーやマウスピース型の装置があることを紹介しましたが、

子どももおなじなのでしょうか?

 

子どもと大人の矯正治療の違い

”歯並びが悪い”といっても色々な原因があります。

歯が並ぶ土台である顎の骨が小さくて歯が並びきれなかったり

歯がもともと小さかったり大きかったりすることで

きれいに歯が並んでいなかったり。。。

 

子どもの矯正治療と大人の治療には大きな違いがあります。

子どもは”成長”する力を使って歯が並ぶ土台である顎の骨に矯正力を加えます。

それに対し

大人では顎の骨の成長はありませんので

場合によっては歯を抜いたりしながら歯をきれいにならべていきます。

 

子どもはどんどん成長しておおきくなっていきますが、

顎では上顎の成長に続いて下顎が成長していきます。

上顎の成長は10歳前後でほぼ完了し、

下顎の成長ピークはその後訪れ

思春期の成長の時期(女児では15歳前後、男児では18歳前後)には

ほぼ完了します。

 

なので、この力を使える時期は

顎が成長するのを助けてあげるような装置を多く使用します。

また子供の治療に使う装置は多くは取り外しができるものなので

虫歯の心配もほとんどありません。

 

お子さんの歯並びが気になる...

という方はぜひ盛岡KT歯科・矯正歯科の無料相談をご予約ください。

子どもの矯正治療についてはこちらもご参照ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る