インビザラインのアタッチメントとは?役割とよくあるトラブルについて|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

インビザラインのアタッチメントとは?役割とよくあるトラブルについて

投稿日:2022年8月18日

カテゴリ:スタッフブログ

岩手県盛岡市大通り商店街にある盛岡KT歯科・矯正歯科です。​

当院では虫歯や歯周病治療はもちろん

専門の歯科医師による矯正治療も行っています。

今回はインビザライン治療のアタッチメントについてお話しします。

アタッチメントとは?

インビザライン(マウスピース矯正)では、

アタッチメントという小さな突起物を

歯の表面に接着します。

レジンという樹脂を使い

歯とほとんど同じ色ですので、

目立ちにくいです。

このレジンは小さな虫歯治療などでも使われる

安心・安全な材料です。

アタッチメントの役割

アタッチメントが歯の表面につくと、

ない場合に比べてとても

着脱しづらくなります。

これはアタッチメントが、

歯とマウスピースを密着させてくれるからです。

アタッチメントには個々の歯を

回転・挺出(歯を上や下に出す)

圧下(歯を上や下に押す)

ルートコントロール(歯の根を動かす)

などの歯の動きを補助する役割があります。

形や数も人によって違い、

その人の歯並びにあったアタッチメントを

矯正専門のDrが設計しています。

 

アタッチメントの注意点

アタッチメントは小さな突起物ゆえに

食事やアライナーの取り外しの際に

外れてしまうことがあります。

アタッチメントが外れてしまうと

全く歯が動かなくなる・・・

なんてことはないのでご安心を。

また付け直す場合と

もうアタッチメントが必要ない場合もあります。

もし外れてしまっても慌てず、

そのままアライナーをご使用していただいて大丈夫です。

詳しくはアタッチメントをつけた日にご説明させていただいています。

 

歯並び・噛み合わせで

気になることがございましたら

ぜひ一度当院の矯正無料相談にお越しください。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る