だらだら食べは虫歯の原因|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

だらだら食べは虫歯の原因

投稿日:2022年7月9日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。受付の林です。

暑い日が続いていますね。暑くなってくるとジュースやアイスが美味しいので、大人も子供も「ちょっとアイス♪」「ちょっとジュース♪」と、時間を決めずにだらだらと食べたり飲んだりしてしまいがちです。

 

歯は酸によって溶かされることで虫歯になります。

私たちのお口の中は、普段は中性に保たれていますが、食べたり飲んだりすることでお口の中が酸性にかわり、虫歯になりやすい環境となります。通常は唾液の作用で中性に戻るのですが、砂糖を含む食品や炭酸水などを頻繁に摂取すると、お口の中がずっと酸性のまま=歯の表面が溶けている状態のまま、ということになってしまします。

例えば、スポーツドリンクや炭酸飲料をよく飲むという方。ボトル1本を一回で飲み切るよりも、1本を10回に分けて飲むほうが虫歯のリスクは格段に上がります。

食事や間食は時間を決めて、だらだら食べないようにしましょう。食べ方、飲み方を少し気を付けるだけでも虫歯予防につながります。

食べた後は歯を磨くのが一番良いのですが、間食後など歯磨きが難しい場合は、うがいをしてお口の中の汚れを落としてあげましょう。

トップへ戻る