仕上げ磨きはいつまで必要?|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

仕上げ磨きはいつまで必要?

投稿日:2022年7月20日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。受付の林です。

小学生になると「自分のことは自分でしましょう」という場面が多くなりますが、歯磨きに関してはお子様にまかせっきりでは危険かもしれません。

よしよし、時間をかけてしっかり磨いているなと思ったら、磨きやすい部分だけを一生懸命磨いていたなんてことも。

 

仕上げ磨きはいつまですれば良いのでしょう?

だいたい生後6ヶ月くらいで下の前歯が生えてきた頃から、永久歯が生え揃う12歳くらいまでは、仕上げ磨きもしくはきちんと磨けているかどうかチェックをしてあげてください。

永久歯は612歳頃にかけて順番に生えてきます。この時期を“混合歯列期”といい、乳歯と永久歯が混ざり合っている状態です。歯の大きさがバラバラだったり、生えかけの歯は低い位置にあったりと高さもバラバラで、綺麗に磨くのはとても難しい時期です。

また、生え始めの永久歯はエナメル質が弱く虫歯になりやすいので、この時期にしっかりブラッシングをしておかないと、大人になってもずっと使う大切な永久歯が虫歯になってしまう可能性がとても高くなります。

 

成長につれて仕上げ磨きを嫌がることもありますし、一人でしっかり磨けるようにすることも大切です。普段から磨き残しの多い部分はどこなのか、どのようにブラシを当てて動かせば良いのか、歯医者さんで定期的にアドバイスを受け虫歯のリスクを減らしましょう。​

トップへ戻る