マウスウォッシュと液体歯磨きの違い|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

マウスウォッシュと液体歯磨きの違い

投稿日:2022年7月14日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。受付の林です。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなどで手軽に買えて、沢山の種類がある液体タイプのオーラルケア商品。毎日のケアに取り入れている方も多いと思いますが、正しい使い方はできていますか?

 

液体オーラルケアの種類は大きく分けて2つ、“マウスウォッシュ”と“液体歯磨き”があり、それぞれ使用目的や方法が異なります。

 

マウスウォッシュは、口臭予防やお口の中のリフレッシュを目的に、歯磨き後やブラッシングを行う時間がない時などに使用します。適量を口に含み全体に行き渡るよう1530秒ほどクチュチュすすぎます。特に、就寝前の歯磨き後に使用するのが効果的です。寝ている間は唾液が減りお口の中が乾燥するので、マウスウォッシュで潤いを与えることで細菌の繁殖を抑制することができます。

 

液体歯磨きは歯磨き粉が液体になったもので、通常の歯磨き粉と同様にブラッシングと一緒に使用します。口に含んですすぎ、吐き出した後にブラッシングをするという使い方です。研磨剤(歯面の着色汚れを落とす成分)が含まれていないので、歯の表面を傷つけることなくブラッシングができます。

 

液体タイプのオーラルケア商品はとても便利なものですが、これらはあくまでも助っ人で、一番大切なのはやはりブラッシングです。丁寧なブラッシング、フロスの使用でお口の中の汚れをしっかり落とすことでその効果を十分に発揮し、お口の健康を守る強力な助っ人になってくれます。​

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る