「歯科専売品」と「市販品」どう違うの?|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

「歯科専売品」と「市販品」どう違うの?

投稿日:2022年8月27日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。受付の林です。

歯科医院で販売されている歯ブラシや歯磨き粉には、ドラッグストアなど一般のお店では売っていない「歯科専売品」とよばれるものがあります。

歯科専売品と市販品、どのような違いがあるか知っていますか?

 

大きな違いは、専門性の高さです。市販されている歯ブラシなどの口腔ケアアイテムは、どんな人が使ってもある程度お口の中が綺麗にできるように作られています。

一方、歯科専売品はそれぞれの口腔内の所見に特化したつくりになっていて、インプラントを傷つけない歯間ブラシや、ブリッジの下をお掃除できるフロス、外科手術後に使うとてもやわらかい歯ブラシなど、お店では見かけないアイテムも多くあります。インプラントやブリッジが入っている方は特に、日ごろから歯科専売品を使ってケアすることをおすすめします。

 

歯科専売品は市販品と比べると少し高いなと感じるかもしれませんが、歯科専売品は歯科医師や歯科衛生士が自信をもっておすすめしているアイテムです。歯科医院で口腔ケアアイテムを購入する最大のメリットは、自分の口腔内の状態に合ったアイテムを医師や歯科衛生士に選んでもらえること、正しい使用方法を教えてもらえることです。

例えば歯間ブラシにもサイズがあり、せっかく毎日歯間ブラシを使ってケアしていても、サイズの合わないものを使用していると効果は半減してしまいます。当院では、患者様が歯間ブラシを購入される際には必ず歯間を測定し、患者様おひとりおひとりに合った物をお渡しするようにしています。また、患者様におすすめする前には自分で実際に使用してみたり、効果的な使用方法についてメーカーさんの研修を受けたりもしています。

 

毎日のケアでの困りごと、どんなアイテムを使ったら良いか分からないという方、ぜひ一度ご相談ください。​

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る