ガルバニー電流|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

ガルバニー電流

投稿日:2022年7月16日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。院長の千田です。

お口の中に金属があるとおこる不調に金属アレルギーがあります。口腔金属アレルギーの症状は、口内炎、口唇炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)、味覚異常、接触性皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、湿疹、アトピー性皮膚炎に似た症状、頭痛、肩こりなどさまざま。アレルゲンが血流によって全身に運ばれるため、口の中だけでなく、全身に症状が現れる可能性があるのです。口腔金属が原因だとは思わず、長年つらい症状に悩んでいる人もいます。

そして、もうひとつがガルバニー電流。

銀の包み紙やアルミホイル、金属製のスプーンを噛んでピリッとしたり、キーンと感じた経験はありませんか?これがガルバニー電流です。

ガルバニー電流は、通常異なる種類の金属が触れ合うと発生します。口腔内は唾液で電気の伝導性が高まっているため、一種類の歯の金属が存在するだけでもガルバニー電流を発生させることがあります。

このガルバニー電流、ただピリッとするだけのものではありません。微弱な電流により、自律神経の乱れといった身体への悪影響を及ぼすことが分かっています。頭痛や肩こり、めまい、耳鳴り、不眠、イライラなどに悩まされているならば、口腔内の歯科金属が原因かもしれません。

アレルギー体質の方はもちろんのこと、上記のような症状に悩まされている方はメタルフリー治療をすることで改善する可能性があります。一度、歯科受診してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

トップへ戻る