歯石ってなに?|盛岡KT歯科・矯正歯科

  • キッズスペース
  • バリアフリー
  • 個室診療

日本矯正歯科学会認定医/日本口腔外科学会認定医

診療時間・休診日変更のお知らせ(2022年8月より)

歯石ってなに?

投稿日:2022年6月29日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

歯科衛生士の悦淵です。

 

テレビやCMで歯垢や、歯石という言葉を聞いたことがありますか?

同じものと混同している方も多いです。実は別物です。前回は歯垢について書かせていただきました。今回は、歯石について書かせていただきます。歯の健康を保つためにも、それぞれの違いについて知っておきましょう。

 

歯石とは?

歯石とは、歯垢が唾液と混ざり石灰化したものになります。歯磨きで取り残された歯垢はおおよそ2,3日で歯石へと変わってしまうと言われています。

 

歯石はその名の通り、石のように硬いため歯に付着すると歯ブラシでとることができません。また、表面もザラザラしているため新たな歯垢が付きやすい環境になります。歯石がついたまま放置してしまうと、歯周病の原因や、歯周病の進行を進めることにもなります。

 

歯石を発生させないために、まずは歯垢の段階で除去することが大切です。歯石がついてしまったら早めに歯科医院にいって除去してもらいましょう。

 

また、気づかない間に歯垢や歯石がたまっている場合や、歯周病に罹患していたり、進行している場合があります。定期検診を行い、口腔内をチェックしてもらいましょう。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る